MENU

クレジットカードのポイント還元って何?お得な仕組みを解説

クレジットカードのポイント還元って何?お得な仕組みを解説

クレジットカードのポイントは、カード利用額に応じてカード会員に付与される「ポイント」のことです。

このポイントは貯めて、電化製品や商品券に交換したり、他のポイント・マイレージサービスに移行したり、街の提携店舗で支払ったりと、さまざまな使い道があります。

最近では、年会費無料のカードでも1.0%を超える高還元率のクレジットカードもあり、クレジットカード 還元率はカードを選ぶ際の重要なポイントとなっている。

目次

クレジットカードのポイント還元率

クレジットカードの紹介でよく言われる、クレジットカードのポイントの「還元率」とは、ポイントを交換したときの価値を示す割合のことです。

例えば、楽天カードのように100円の利用で1ポイントが付与され、1ポイントを1円として利用できるカードの還元率は1.0%となります。同様に、三井住友カードの一般カードであれば、1,000円の利用で1ポイントが付与され、1ポイントを5円で利用できるので、還元率は0.5%となります。

JCBが2017年に実施した調査によると、クレジットカードを利用する主な理由は「ポイントやマイルが貯まりやすいから」で、49.7%がこれを理由に挙げています。

また、月間の平均カード利用額は約65,000円で、還元率1.0%のカードを利用した場合、1ヶ月で650円分、年間では7,800円分のポイントが貯まることになる。これは現金払いと比べても大きなメリットといえますね。

ポイントは加盟店の手数料が原資

クレジットカードがお店で使われると、カード会社がカード所有者に代わってお店に代金を支払います。

この過程で、店側には「加盟店手数料」が発生します。加盟店手数料は業界によって異なりますが、通常、カードに請求された金額の1〜5%で、店舗がカード会社に支払っています。

加盟店手数料はカード会社の利益の源泉であり、その利益の一部をカード会員に還元する方法として、ポイントサービスを提供しています。加盟店手数料は、店舗が支払う手数料と呼ばれていますが、実際にはカード会社が決済時に店舗に支払う金額から差し引かれています。

最近では、カード会社間の競争により、加盟店手数料が引き下げられ、その結果、利益が減少しポイント還元率が悪化することがあります。

ポイントサイトを経由するとポイントが多くもらえることも

クレジットカード会社の中には、ポイントサイト(ポイントモール)を経由してネットショッピングをすると、ポイント還元率が高くなるサービスを提供しているところがあります。

ポイントサイトを経由して通常通りネットショッピングをするだけで、通常の20倍などという高い還元率でポイントを貯めることができるのです。

ポイントサイトを経由してショッピングサイトで買い物をすると、購入金額の何割かがショッピングサイトからポイントサイトに利益として支払われます。そして、ポイントサイトはその利益の一部をポイントとしてカード会員に還元する仕組みです。

ポイントサイトの登録・利用は無料なので、ネットショッピングをよく利用する人やポイントを多く貯めたい人には最適なサービスです。

三井住友カードのポイントサイトは 「ポイントアップモール」、JCBカードのポイントサイトは 「Oki Dokiランド」です。必ず、お持ちのカード会社のポイントサイトをご利用ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次